FX:業者選びが稼ぎを左右する!?

FXの第一歩は“利用する業者選び”です。

皆さんの中には「どの業者を利用しても同じでしょ? たいした違いなんてないでしょ?」と思われている方がいらっしゃるかもしれませんね。ですが、決してそうではありません。

手数料をはじめとするシステムやサービスにはFX業者ごとに大きな違いがあり、どこの業者を選ぶかの選択は、“いつ売買するか”といった取引手法同様に利益に影響を及ぼす重要ポイントなのです。

ですから、自分に合うFX業者を探し出すことこそFXで稼ぐための第一歩!

では…どうしたら自分にピッタリの業者を見つけ出すことができるのでしょうか。

そのポイントを、これから簡単にご紹介したいと思います。

チェックポイント1:「スプレッド」

ここでいうスプレッドとは、買値と売値の間に生じた価格差のこと。この差額はFX業者の利益となることから、“スプレッド≒手数料”と捉えていいでしょう。取引をするにあたっては当然ながら手数料は少ない方が“得”。スプレッドの幅は業者によって異なるため、業者選びをする際には、スプレッドの値を見比べてなるべく狭いところを選ぶ…というのがひとつのポイントとなります。


チェックポイント2:「スワップポイント」

スワップポイントとは、通貨ペアの間に生じる金利差のこと。この金利差を上手く利用できれば(日本円のような低金利通貨で高金利通貨を買う取引がうまくいけば)、金利の差額分をスワップポイントとして受け取ることができるのです。スワップポイントの値もまた業者によって異なってくるため、スワップポイントを狙った中長期取引に興味がある方は、このスワップポイントに注目して業者選びをするといいですね。


チェックポイント3:「システムの性能&サポート」

いくらスプレッドが狭くても約定力が低ければ効率よく取引を進めていくことはできませんし、質問メールを送ったのに待てど暮らせど返信が来ないようでは困ってしまいますよね。それにツールの使いやすさ、入金システムがきちんと整っていることも大切です。
取引環境がきちんと整っていなければ安心して取引することなどできませんから、できれば登録前にいくつかの業者のデモ口座をし、実際に使い勝手を試し・比較してみることをオススメします。

ここに挙げた3点は非常に大切なポイント。しっかりチェックしましょう。
皆さんの中には「とりあえず…どこでもいいから早く登録して早くFXをやってみたい」と思われる方もあるでしょうが、FX業者選びは慎重に! はやる気持ちを抑え、じっくり比較検討し、自分が使いやすい・信頼できると思える業者を見つけ出してください。

また、上記でも少々ふれましたが「為替差益を狙った短期取引」をするのか「スワップポイント狙いの長期取引」をメインにするのかによっても、選ぶべき業者は変わってきます(短期取引なら操作性の高いシステムを搭載していることが何より重要になりますし、スワップ運用をするのならスワップポイントの値が重要ポイントとなるわけです)。
そのため、まず“自分はどのようなスタイルでFX投資をしていきたいか”を考えてみると、自分に合う業者を見極めやすくなるでしょう。

ぜひ以上を参考に“自分にとってメリットの大きいFX業者”“自分らしさを活かして取引できるFX業者”を見つけていただきたいと思います。


 

これは、ヤフーファイナンスで読んだ記事の受け売りなのですが、ここ最近の日銀の黒田総裁の発言や姿勢などから、日銀は多少の円高は容認するのではないか?

と受け取った人もいて、アメリカの投資顧問会社が顧客に対してドル円などのショート、つまり円買いポジションを推奨していたようです。

個人的には、日本円のこれまでの円高傾向を支えていたのは、低いインフレ率ないしデフレと、巨大な経常黒字、この二つが大きかったと思います。

が、この二つが、アベノミクスによるインフレ誘導、そして原発停止による貿易赤字の拡大からの経常黒字の縮小で、脆弱になりつつあります。円通貨そのものの強さは、確実に弱くなってきてるのではないかと思います。