利益を稼ぐためにそれ相応のツールを利用

OCO注文を活用する

FXには、いくつかの独特な注文方法がありますが、OCO注文はそのうちの1つです。OCO注文とは、「同時に2つの注文を出して、そのうちの1つが執行されたら、もう一方の注文は自動的にキャンセルされる」注文方法です。そしてこの2つの注文の組み合わせは、買いと買い、あるいは売りと売りになります。

この注文方法を活用できるケースはいくつか考えられますが、もっとも活用できるのは、すでに保有している通貨の決済の時でしょう。OCO注文を使えば、利食いの売りと損切りの売りの両方の注文を同時に出しておくことができるからです。

例えば1ドル=100円で購入した1万ドルを持っているとしましょう。この1万ドルに対して、1ドル=99円の売りと1ドル=101円の売りの両方の注文をこのOCO注文で出しておきます。

こうしておけば、101円になれば利益確定ができ、1ドル99円になれば損切りが自動的にできます。そしてこのOCO注文のポイントは、片方の注文が執行されると、もう1つの注文が自動的にキャンセルされることにあります。これがもし、指値と逆指値で同じケースでそれぞれ注文を出すとどういうことが起こるでしょうか。

出典: FX基礎.net

FXの取引は、売りから入れることがひとつの特徴です。つまりもし1ドル=100円で購入した1万ドルの売却を目的に1ドル=101円と1ドル=99円の指値と逆指値の注文を出していると、例えば1ドル=101円になって利益確定ができて、手持ちのドルがなくなっても、1ドル=99円の逆指値の注文は残っているので、相場が反転してそのレートになった時に、注文が執行されてしまうのです。この様な事態を避ける事ができるのがOCO注文なのです。

IFO注文は、IFD注文とOCO注文の組み合わせ

FX独特の注文方法のもう一つにIFO注文があります。このIFO注文は、IFD注文とOCO注文を組み合わせたものです。IFD注文は「100円の買い注文が執行されたら、自動的に99円の逆指値注文が出る」もので、OCO注文は「101円と99円の指値と逆指値注文を出して、どちらかが執行されたら、もう一方は自動的にキャンセルされる」注文方法です。そしてこれを組み合わせたIFO注文なら、「100円の買い注文が執行されたら、自動的に101円の指値注文と99円の逆指値注文が出され、そのどちらかが執行されたら、もう一方の注文は自動的にキャンセルされる」注文方法になります。

事前に買い注文を出しておいて、同時に利食いと損切りの注文も設定できることになります。一見ややこしい注文方法ですが、慣れてくればとても便利ですので、上手に活用したい注文方法です。


 

これは、ヤフーファイナンスで読んだ記事の受け売りなのですが、ここ最近の日銀の黒田総裁の発言や姿勢などから、日銀は多少の円高は容認するのではないか?

と受け取った人もいて、アメリカの投資顧問会社が顧客に対してドル円などのショート、つまり円買いポジションを推奨していたようです。

個人的には、日本円のこれまでの円高傾向を支えていたのは、低いインフレ率ないしデフレと、巨大な経常黒字、この二つが大きかったと思います。

が、この二つが、アベノミクスによるインフレ誘導、そして原発停止による貿易赤字の拡大からの経常黒字の縮小で、脆弱になりつつあります。円通貨そのものの強さは、確実に弱くなってきてるのではないかと思います。