利益を稼ぐためにそれ相応のツールを利用

世界の中心・米ドルは基軸通貨なので取引も高い人気

FXで人気がある通貨はやはり米ドルです。
どうして米ドルがここまで多くの人の注目を集め売買されているのか、注視すべきポイントを挙げて考えていきましょう。
過去に起きた2度の世界大戦で勝利を治めた米国は、それ以降世界の中心として経済大国となりました。
米ドルはそれ以降、世界の基軸通貨となったわけです。
私たちが遠くの国、南アフリカの通貨ランドを買いたいと思っても、直接売買することはできません。
日本円から米ドルへ、そして南アフリカランドといった具合に、米ドルを経由して交換することになるのです。
米ドルは世界の中心、基軸通貨ですから、FXでの取引高はもちろん№1とダントツ。
FXを始めたばかり、という人の間でも人気の高い通貨なのです。ハイローオーストラリアでも一番人気はUSDです。

米ドルは世界の基軸通貨だから、常に安定しているのか?
もちろん要因によっては大きく動くこともあります。
米国政府は経済情勢を意図的にコントロールしているとも言われています。
ドル高やドル安をある程度把握することも、手の上で転がす事もできると言われているのです。
確かに、過去何度も世界経済情勢をバランスよく調整してきました。
歴史的な為替政策としては、1944年のブレトンウッズ会議や1971年のニクソンショック、1985年のプラザ合意などが記憶に残るものとして有名です。
最近では、2009年に米国の中央銀行 総裁の発言で翌年は米ドル安に転じたこともあります。
政治、経済などの要人の発言一つで、量的金融緩和政策が実行されてしまうことがあるのです。
量的金融緩和とは、市場に大量のお金を出回らせることです。
これにより、お金そのものの 価値を下げ、物価上昇に拍車をかけてしまったり、最終的にその通貨を安くしたりという変化を促すこととなります。
このように要人の発言は=米ドルの変動を引き起こすとも言えるのです。

しかしそれでも、米ドルは世界の基軸通貨ですから、他の通過よりも特殊な理由で変動することも多くあります。
FXの世界では、要人の発言一つで経済指標が作り上げられていくことが多い傾向にありますが、実は一時的な効力であったり「口先介入」と呼ばれるような、実際には実行されないことも多々あるのです。
ですから、実際の経済状況を明確に表している非農業部門雇用者数や中古住宅販売件数、加えて消費者物価指数やISM製造業景況指数といった実質的な指標は、注目すべきポイントです。
また、米国の中央銀行=FRBでは、常に米国経済と物価動向をバランスよく保つために政策金利の調整を行っています。
政策金利が上昇するとドル高になり、下降するとドル安に転じてしまうからです。
但し、ここ数年では米国の政策金利は常に0.25%で安定し固定化されています。
動きがあってもだいたい1%以下と金利が低い状態のままなので、どちらかというと政策金利というよりもユーロ圏の経済状態で動くことが多いといえます。
また劇的に変わりゆく 世界情勢で動くことも大きな原因となる方が多いでしょう。

米ドルを動かす最たる理由は、①要人の発言②実質的な経済指標③世界情勢ということになります。


 

これは、ヤフーファイナンスで読んだ記事の受け売りなのですが、ここ最近の日銀の黒田総裁の発言や姿勢などから、日銀は多少の円高は容認するのではないか?

と受け取った人もいて、アメリカの投資顧問会社が顧客に対してドル円などのショート、つまり円買いポジションを推奨していたようです。

個人的には、日本円のこれまでの円高傾向を支えていたのは、低いインフレ率ないしデフレと、巨大な経常黒字、この二つが大きかったと思います。

が、この二つが、アベノミクスによるインフレ誘導、そして原発停止による貿易赤字の拡大からの経常黒字の縮小で、脆弱になりつつあります。円通貨そのものの強さは、確実に弱くなってきてるのではないかと思います。